JAVA開発メモ
JasperReports のバックアップ差分(No.15)
 

[トップ|一覧|単語検索|最終更新|バックアップ|ヘルプ]



  *概要
  JasperReportsは、さまざまな出力形式の帳票を作成できるライブラリですが、それぞれの出力結果で見た目がほぼ同じになるように配慮されています。元となる帳票デザインのテンプレートはXMLファイルに記述し、そこから、PDF・HTML・Excel・CSV・XMLなどへ出力することができます。また、プリンタへダイレクトに出力したり、Swingアプリケーションやアプレットに表示させる、といったこともできます。
  
  *NEWS
  -2005/05/31 - JasperReports 0.6.8リリース
  --fixes the bug introduced in the 0.6.7 version related to the way variables are incremented and group breaks estimated (see http://sourceforge.net/tracker/index.php?func=detail&aid=1207897&group_id=36382&atid=416703);
  -2005/07/20 - JasperReports 1.0.0リリース
  --built-in support for charts added; a new chart component was added to simplify the rendering of the following types of charts: Pie, Pie 3D, Bar, Bar 3D, XY Bar, Stacked Bar, Stacked Bar 3D, Line, XY Line, Area, XY Area, Scatter Plot, Bubble, Time series, High Low Open Close, Candlestick;
  --support for generating very large reports using serialization on disk to minimize memory consumption during the filling and exporting processes (report virtualizer, contributed by Works Inc.);
  --report fields can be of any type, just like report parameters and report variables. This simplifies working with JavaBean data sources where casting from java.lang.Object to the actual report field class is no longer required in the expressions;
  --when using $P{REPORT_SCRIPTLET} in expressions, specific cast to the actual scriptlet class is no longer needed;
  --new attribute "whenResourceMissingType" for customizing the behaviour of the engine when it deals with missing resources in the associated resources bundle;
  --support for CLOB and BLOB report fields in JRResultSetDataSource;
  --support for PDF font registration using properties file;
  --simplified support for returning values from subreport;
  --new possible value (Band) for the "evaluationTime" property of text fields, images and charts to allow postponing their expression evaluation until the end of the parent band rendering in order to simplify the use of values returned from subreports;
  --support for canceling the report filling process, including the cancellation of the report query execution through JDBC (see the AsynchronousFillHandle class);
  -[[iReport(デザインツール):http://ireport.sourceforge.net/]]
  --minor bug fixes and improvements;
  
  *特徴
  -日本語帳票の作成可能(外部のTrueTypeの日本語フォントも設定できる)
  -サーブレットからの帳票出力が可能
  -ライセンスはLGPL
  
  *情報源
  -[[公式サイト:http://jasperreports.sourceforge.net/]]
  -[[APIドキュメント:http://jasperreports.sourceforge.net/api/index.html]]
  -[[iReport(デザインツール):http://ireport.sourceforge.net/]]
  -[[iText:http://www.lowagie.com/iText/index.html]]
  -[[iTextの日本語表示:http://www.lowagie.com/iText/tutorial/ch09.html#CJK]]
  
  *Eclipseプラグイン
  -[[JasperAssistant:http://www.jasperassistant.com/index.html]] - GUIでテンプレートが作成できます。
  
  *レイアウトXMLのタグ
  |CENTER:タグ名称|CENTER:説明|
  |jasperReports|レポートのサイズや余白を指定します。ルートのタグになります。|
  |reportFont|レポートで使用するフォントを定義します。TrueTypeの日本語フォントはパスを指定します。TTC形式の場合、ファイル内に複数のフォントを持ちますのでTTCファイル内の何番目のフォントを使用するかをカンマで区切って番号を指定します。|
  |parameter|JAVAプログラムから受け取るパラメータを定義します。|
  |title|レポートのタイトル部分を定義します。|
  |band|描画領域を指定します。|
  |staticText|固定の文字列を記述します。|
  |reportElement|描画する領域定義します。|
  |text|固定の文字列を記述します。|
  |font|フォントの種類やサイズを指定します。|
  |textField|動的な文字列を定義します。|
  |textFieldExpression|textFieldに表示するデータを定義します。ここで指定した値や式が展開されて実際のレポートに表示されます。パラメータを参照する場合は$P{パラメータ名}という形式で記述します。|
  
  *外部フォントを使用しない日本語表示
  -[[iTextAsian.jar:http://itext.sourceforge.net/downloads/iTextAsian.jar]]をクラスパスに追加
  -レイアウトXMLのフォントタグの設定
  --ゴシックの場合
    pdfFontName="HeiseiKakuGo-W5" pdfEncoding="UniJIS-UCS2-H" isPdfEmbedded="false"
  --明朝の場合
   pdfFontName="HeiseiMin-W3" pdfEncoding="UniJIS-UCS2-HW-H" isPdfEmbedded="false"
  
  |UniJIS-UCS2-H|Adobe-Japan1のUnicodeエンコーディング|
  |UniJIS-UCS2-V|UniJIS-UCS2-Hの縦書きエンコーディング|
  |UniJIS-UCS2-HW-H|UniJIS-UCS2-Hと同じ、ただし英文字を半角に置き換える|
  |UniJIS-UCS2-HW-V|UniJIS-UCS2-HW-Hの縦書きエンコーディング|
  
  **Linux上のWebアプリで使用する場合(JDK1.4以降)
  Linux上のTomcat等でJasperReportsを利用する場合、[[ヘッドレスサポート:http://java.sun.com/j2se/1.4/ja/docs/ja/guide/awt/AWTChanges.html#headless]]を設定する必要があります。
  
  Tomcatの場合の例
   JAVA_OPTS="-server -Xmx256M -Xms128M -Xss256k -Djava.awt.headless=true"
  

トップ 一覧 検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS

Modified by MT22(Moriwaki Takashi)

"PukiWiki" 1.3.7 Copyright © 2001,2002,2003 PukiWiki Developers Team. License is GNU/GPL.
Based on "PukiWiki" 1.3 by sng
Powered by PHP 5.3.29

HTML convert time to 0.014 sec.